思春期ニキビと大人ニキビの違いって!?

思春期ニキビと大人ニキビの違いって!?

体のあちこちにできるニキビ。
思春期で終わると思っていたら、大人になっても悩まされるとは思ってもいなかった。
でも大人ニキビで悩まされている人は結構多いんです。

 

ニキビとはそのようなメカニズムでできてしまうのか。
ニキビと聞くと顔のニキビを想像しますが、ニキビは身体中にできます。
毛穴のそばにある皮脂腺から皮脂が分泌されるのですが、皮脂が過剰に分泌されてしまい毛穴を詰まらせることでニキビを作ってしまうのです。
詰まった毛穴に角質や皮脂が溜まる、その状態が白ニキビ・黒ニキビと呼ばれています。
それが炎症を起こしてしまった状態が赤ニキビと呼ばれている状態です。

 

思春期と大人ニキビでは、この皮脂分泌の状態が違います。

 

思春期の場合は、成長ホルモンのせいで皮脂分泌が過剰になりニキビを作る原因になってしまっています。
思春期ニキビの場合は、清潔に保ち、皮脂の量をコントロールすることで完治することが多いです。

 

大人ニキビの場合では、様々な原因があります。
生活習慣に乱れ、不規則な生活、タバコ、飲酒、ストレス、間違ったスキンケア…。
大人ニキビに悩まされている方は、当てはまるものがあると思います。
これらが引き金になってしまい、ニキビを作ってしまっている原因になっています。
また、ターンオーバーが乱れてしまうと、お肌の新陳代謝が乱れ、お肌の再生が行われなくなってしまいます。

 

思春期のニキビは成長過程として避けられない部分がありますが、
大人ニキビは生活習慣が原因になっているので、改善すればニキビを治すことができます。
大人ニキビで悩んでいる方は生活習慣を見直すことが大切になっています。
それでも治らない場合は、スキンケア商品を使うのがおすすめです。

 

跡を作らずにニキビを綺麗に治しましょう!